転職したい会社のことをよく調べた上で、自己PRを作成することが重要です。履歴書は転職活動に欠かせないものですが、そこには自己PRの項目があります。面接試験でも、自己PRを尋ねられる機会は多くあります。採用面接の場では、いかに効果的な自己PRができるかどうかが、いい結果を出せるかにつながります。出来る限り採用する側の心に響くようなその人の持ち味や強味を表現することが大切になります。採用を希望する会社がどういった会社かという情報を含めた自己PRにすることで、相手側に強い印象を与えることができるようになります。その会社が特に求めていない資格を持っていた場合、自己PRで資格取得者であることを主張しても無意味です。会社が求める人材であることを主張することが自己PRでは肝になりますので、経験や実績のない仕事を希望しているなら、何らかの形で自分の経験を会社の仕事と関連づけることが大事です。求人を出している会社が、どういった人材を必要としているのかを事前に把握できるかどうかが成否を分けます。同一業種に転職したいと思っているなら、自己PRを通じて、自分の能力で会社にどう貢献できるかを表明することがポイントになります。自分より若い世代が多い会社に転職する際には、キャリアをアピールすることも大切ですが、柔軟性があるということをアピールする必要もあります。希望の会社に転職を決めるまで、自己PRをより効果的なものに改めていくことができれば、転職活動もスムーズにいくでしょう。