リバウンドのメカニズムを理解する時には、ホメオスタシスという生物が持つ能力について理解をすることがポイントになります。例えば、気温が大幅に上昇しても体温が一定を維持できるようにするように、身体のコンディションを一定に保つことがホメオスタシスの果たす役割です。ホメオスタシスより、たとえ雪山で遭難したりしても、最小限のエネルギー消費によって体を維持するので、生き延びる可能性が高くなるのです。ホメオスタシスは、人体にとっては重要なものですが、ダイエットをやりづらくもしています。ダイエットをする時にはリバウンドが起きるメカニズムを理解しておくことで、ダイエットの成功に近づくことができます。ホメオスタシスの機能が働くと、ダイエットにおいては停滞期といい、今までのダイエット方法を続けているのに体重は一向に減らなくなります。努力を重ねてダイエットを続けているつもりなのに、体重の減り具合が期待どおりにいかなくなると、ダイエットを続けることが困難になってしまう人もいます。カロリーの摂取量を元通りにしただけでも、ダイエットをする前より体重が増加する可能性もあります。これがダイエット時に起きてしまうリバウンドのメカニズムなのです。リバウンドを起こさないダイエットでは、、停滞期に入ってからも運動を続け、カロリー制限を継続することが大事です。体重の変化が見られないので、ダイエットで最も苦しい期間ですが、永遠に続くものではありません。リバウンドのメカニズムを理解して、停滞期でも我慢強くダイエットを継続して乗り越えれば、再び痩せることができるようになります。